妖怪ウォッチを子どもにさせようかな

子どもに大人気の妖怪ウォッチですが、子どもだけでなく大人にも人気があるようです。いつだったか子どもにせがまれて映画を観に行ったことがあるのですが、映画館に入るだけでも長蛇の列でとても驚きました。

さて、その妖怪ウォッチですがスマホゲームがあるそうなんです。私はまだ試したことがないのでどんなものなのかわからないのですが、結構面白いゲームのようです。

というわけで、動画を探して見てみることにしました。
確かに、とてもよくできているゲームで、本当に無料で出来るのかと疑わしい気持ちさえ浮かんでしまいます。でも、本当に無料でできるようなので、例えば公共の機関を利用して子どもとお出かけという時にはかなり重宝するのではないかと思います。

最近でこそ、それほど騒ぐことがなくなった我が家の息子ですが、長時間の外出時は本当に冷や冷やすることが多いんです。電車でうるさくしてしまう場合は、降りるという手段があるのですが、バスの場合は針のむしろのような気持ちにさえなります。時にはものすごい形相で睨んでくる人なんかもいて、申し訳ないなとは思いますし、私なりに静かにしなさいと叱ったり、小さな声で子供の相手をしたりとやっているつもりなんです。そのため、そんな時に、何か集中してくれるものがないかと思っていたのですが、こちらの妖怪ウォッチのスマホゲームであれば、夢中になって遊んでくれるような気がします。

ゲーム機があれば良いのかもしれませんが、我が家は夫の方針でゲーム機というものがありません。もう少し大きくなれば買い与えても良いかなとは話をしているのですが、まだ時期ではないかなということで、様子をみているところです。
そんなわけで、他の子ども達がゲーム機で時間をつぶしている時も、手持ち無沙汰で過ごしていたことが多い息子ですが、これだったら夫にばれることなくゲームを楽しめそうです。私のスマホなので、無制限に与えるということでもないため、視力低下の心配もそれほど必要ないのではと思っています。

妖怪ウォッチで仲間を増やそう

妖怪ウォッチで仲間を増やそう、お気に入りのキャラクターからにくいあいつや面白いキャラクターが勢ぞろいなのできっとお気に入りの妖怪が出てきます。

妖怪ウォッチでは、同じものをそれえて集めてボスに臨みます、集めておいたキャラクターはダメージ大きくなるので手際よく効率よく戦うのがコツですね。
また集めておいたパーツなどでレアなキャラクターが仲間になったりするのでテレビなどで出てきた珍しい客たーが手に入るとうれしいですね。

このようにやはり手に入れたいのは強いキャラクターですね、妖怪ウォッチではボスを倒すことでもらえるものを集めることで有利になります。
敵の妖怪を倒すと仲間になってくれるのでどんどん倒していきましょう、レアなキャラクターほど集める価値がありますので探して見つけて倒してしまいましょう。

妖怪ウォッチもスマホの時代になってきました、でも人気のこまさんやジバにゃんなどがやはり人気です、このような人気キャラクターを集めていのはコレクター心を擽りますね。
それに強いキャラクターは、ボス攻略に欠かせませんしステータスがもともと高いので有利に進みます、それに回復のある妖怪などを手に入れておくと回復して持久戦に持ち込めますので探し出して仲間にしておいた方が無難ですね。

攻撃力の高い、オロチや影オロチとキュウビやオオクワノ神などは攻撃のかなめですね。
また回復役としては、心オバアやふじみ御前をそれえておくと回復していきますのでボスなど耐久力が高い敵にはいないと全滅の恐れも出てきます。

このように攻撃と回復をそれえておいてボス専用に鍛えておくといいですね、仲間集めではほかのキャラたーでも探せますしまた特定のキャラクターでないと見つからないものもありますのでイベントごとに使い分けるのがいいのではないかと思います。
どうせゲームをするのですから全キャラを集めたくなるのがゲームの神髄ですからね、集めて揃えたいものです。

コンボを増やして赤いじばにゃんの顔マークをゲット

とってもポップで楽しい妖怪ウォッチ ゲラポリズムが話題です。このゲームは、リズムアクションゲームというものです。あのダンスの上手いブリー隊長の陽気なダンスに合わせて、とにかくダン・ダン ドゥビ・ズバー!がとっても魅力的です。この音楽に合わせて、とにかく楽しく踊るのです。

又、他に初恋峠でゲラゲラポーという曲でもゲームを楽しめます。聞いたことのある素敵なゲームばかりで、とっても親近感がわく妖怪ウォッチなのです。

このゲームは、とにかく色々な曲が詰まっています。その音楽に合わせて、とにかく踊りましょう。

あの啓太からじばにゃん、コマさんまで、本当に色々なキャラクターが出てくるのですが、本当にみんな陽気です。陽気な仲間が出てくるからこそ、本当に楽しいんですね。

この妖怪ウォッチゲラポリズムは、名前まで陽気です。リズムなんて聞けば、ますます興味がわきますね。

そんなゲームには、新体操ができるシリーズもあります。とにかく腕を大きく上に、横に、足を動かしては楽しく踊ってはパズルを完成させちゃいます。

素早く消せるようになってコンボが完成すると、ハートの赤いじばにゃんの顔が出るんです。その赤い顔が出てきたら、その周りのマークまで消えていくのが凄いです。

驚くほどにいっきに消すことができるんですね。そんなこのゲームでは、歌いながらゲームができるのが嬉しいところですね。

そんなゲームでは300コンボや400コンボ、700コンボなど、ますますコンボの数が高くなっていくのがスリルです。慣れてくれば、そのコンボが1000以上にもなるのがますます格好良いんです。

目の前でじばにゃんの顔がパチパチっと消えていくところも面白いんですよ。それに合わせて、踊りもますます激しくなっていきます。

妖怪体操が第3までいけたら、もっとやりたいと頑張りますね。赤い色のじばにゃんも出てくる回数が増えて、ますます楽しいゲームになります。

とにかくポップで、元気の出る妖怪ウォッチです。

話題の妖怪ウォッチ(スマホゲーム)に触れてみた

妖怪ウォッチの名前だけは前々から知っていました。
子供に大人気のゲームで、アニメも大ヒットしたという程度ですが。
大晦日の紅白で主題歌も聴きましたし、関連商品も町でちょくちょく見ますし、人気なんだなくらいに思っていました。

その妖怪ウォッチのスマホ用のゲームを偶然みつけて、ものは試しとダウンロードしてインストールしてみました。
なんだかオープニングから異常に可愛らしく、いい年したおじさんがやるのはちょっと気恥ずかしい気もしましたが、誰に見られているわけでもないしまぁいいかとやり始めました。

ルールは簡単で、ただ同じ絵柄をなぞっていくだけというもので、あまりゲームが得意じゃない私にも簡単に出来る感じのパズルゲームでした。
しかも、こういったものの多くは最低三つは繋げなければいけない感じなのですが、この妖怪ウォッチは二つで良いので本当に簡単です。
子供の人気が高いので、本当に小さな子供でも出来るようになっているんでしょうね。
そのおかげでおじさんにも簡単で良い感じでした。

キャラクターはほとんど知らないので、しばらくはただのパズルゲームとして楽しんでいました。
ですが、途中からなんとなく見た事があるキャラクターが出てきてからは一変、そのキャラクターを仲間にする為に本気モードです。
今までなんとなくで遊んできてしまったので、チュートリアルの説明もほとんど読んでいなく、案外分からない事だらけでしたが何とか仲間に出来ました。

物凄い充実感です。
有名アニメやキャラクターのゲームが人気な理由がちょっと分かりました。
知ってるキャラクターを入手するとこんなに嬉しいもんなんですね。
あまり強くはないみたいなんですが、そのキャラクターを常に使っています。

その後も私の中で有名なキャラクターが二体ほど出てきましたが、そちらの方は難易度が高すぎて仲間にするどころかクリアーすら出来ずでした。
きっと子供なんかはすぐゲームに慣れて入手する事が出来るんでしょうね。
・・・頑張ります。

久しぶりのスマホゲームでしたが、とても楽しむ事が出来ています。
案外時間つぶしになるので、やった事ない人はやってみてください。

はずせないスマホゲームの一つは妖怪ウォッチ

子どもに人気の妖怪ウォッチですが、うちの息子もかなりハマっています。漫画から入り、その後テレビ放送をするという情報をしり、テレビ番組は始まった当初から見ていたのですが、グッズ集めはもちろんですが、ゲームなんかも喜んでやっています。私的にはあまりゲームに肯定的な意見を持っているわけではありませんが、節度を守ってやる分には良いのかなと温かい目で見ているつもりです。

そんな息子の最近一番のお気に入りというのがスマホゲームの妖怪ウォッチです。私は知らなかったのですが、どうやら学校の友達の間では大流行のようで、同級生がこぞってお母さんにせがんでスマホゲームをダウンロードしているようなんです。私の住むエリアの子ども達はスマホ保有率がほぼゼロなので、自分のスマホにダウンロードを出来ないため、親に頼む必要があるというわけです。

子どもにせがまれてダウンロードしたゲームが結構あり、私自身それほどゲームをしないので、またダウンロードかと内心思ってしまったのですが、スマホは私がいなければ使用できるものではないし、私のスマホなのでゲームをしたい時には私に断りを入れる必要があるわけだし、私の監視下でゲームを行えるのだからいいかなと思い、承諾しました。

ダウンロードをした後は、まずは最初が試しとばかりに私が始めて見たのですが、無料にも関わらず、あまりのクォリティーの高さに驚きました。最近のスマホゲームのすごさは知っておりましたが、子ども用のゲームとも思われる妖怪ウォッチだからと言って、全く手を抜いているわけではなく、むしろ、子どもの心のみならず、大人の私の心さえもわしづかみにしてしまいました。私はジバニャンが大好きなのですが、ここに登場するジバニャンも相変わらずかわいく、すっかり私もファンになってしまいました。子どもが学校へ行っている間なんかにも、こっそりゲームをやっていることもあるほどハマってしまった私です。

元気で明るいケイタを楽しんでドキドキできちゃう妖怪ウォッチ

とっても子供に大人気の妖怪ウォッチのゲームには、素敵なキャラがたくさん出てきます。みんなで運動するのが大好きなキャラばかりで、楽しく音楽に合わせてストレッチをするのが面白いのです。腕の筋肉を伸ばしたり、脚を屈伸させては楽しく脚を鍛えます。顔も変顔をしては引き締めます。口の形や目の形、指の先までしっかりと伸ばしては、美しいプロポーションに整えるのです。

そんな妖怪ウォッチのゲームには、主人公の赤いTシャツがとっても似合うケイタが登場します。胸の部分の白い星がトレードマークの男の子です。赤いTシャツがとっても元気な11歳で、しかも、さくらニュータウンという街に住む元気な男の子なのです。元気だけど、ちょっと大人ってところもワクワクするところです。

彼は腕に大きな時計をしています。これが妖怪ウォッチというものなのです。このウォッチは、丸くてまるで風船のようなウィスパーという奴から貰っています。このウィスパーは執事なのですが、何かとケイタに入れ込んでいます。周りにまとわりついては何かと世話をしているのです。とっても口が上手い奴で、妖怪だけど何だか面白い奴なのです。

この2人が力を出し合っては妖怪を見つけ出し、不祥事を解決しちゃうのです。そんな2人がこのゲームでは踊ってしまいます。ドキドキするような魅力的なダンスを見せてくれます。本当に画面から飛び出るような感じで、そこがとっても面白いところです。元気でワクワクするようなダンスに、ついつい自分もダンスをしてしまいます。そのダンスを覚えると、とっても楽しく運動ができちゃいます。

まるで、ラジオ体操のように、いつでも何処でもそのダンスを踊っては体を鍛えることができるのです。このゲームをやる前までは、そんなに体を動かすということを考える機会もありませんでした。それが、このゲームをやり出してからは、そんな健康のことを考えられるようになったのです。運動がこんなにも楽しいものかと思い、サクサクと毎日に取り入れているのです。

妖怪ウォッチであの妖怪をやっつけろ

妖怪ウォッチがパズルになって遊べるようになりました。しかもどの妖怪も見たことあるものなのでつなげて連鎖をして妖怪をやっつけるところが面白いです。妖怪ウォッチと言えばあの猫のジバニャンが特徴的ですね。かわいらしく猫なのでずっと使いたくなるキャラクターです。

もちろんパズルは同じキャラクターをくっつけて消していき攻略していくタイプです。使い込むキャラクターで愛情なのかがレベルが上がっていくようですね。これなら小さな子供から大人まで気軽に出来て遊べるようですね。妖怪ウォッチは、いまだに子供たちに大人気のゲームですので子供たちがハマるのではないでしょうか、大人としては少し困ったことになりそうなゲームです、でも大人もこのゲームにハマってずっとプレイしていきそうな感じがします。

また連鎖をしていくと妖怪が必殺技を使ってくれます、どの妖怪もどこかで見たことがある必殺技は見たくなりますし、もちろん音声もありますので楽しむことが出来るのではないでしょうか。一応スコアらしきものありますので高得点を狙うのもいいかもしれません、連鎖をうまく使うことが高得点につながりますのでうまくつなげてしかもミスの無いようにいくことが攻略の心得ではないかと思われますね。

このように子供向けにつくられた物のゲームですがやはり大人もハマるゲームは大ヒットしますね、小さな子供たちはやはりテレビの影響なのかこの妖怪をたくさん知っていますし必殺技を知っていますのでどんどん使い込んで強くしていくのですね、そして大人顔負けのパズルの腕を身に付けていることはよくよく見かけます。

子供たちの方が柔軟に対応できるので頭の回転が違うので攻略は上手です、しかも更なる大人でも考え突かないような解き方をするので感心してしまうほどですね。テレビのお気に入りのキャラクターを使い込んでしかも楽しめるようなゲームを出してくれたことはヒットにつながりもっと普及していくことでしょう

妖怪ブームを牽引するゲームである妖怪ウォッチ

昔から定期的に、妖怪ブームというものがエンターテインメント業界の中を席巻するように思います。古くはそうしたテーマやキャラクターを扱ったアニメやドラマが大人気でしたし、小説の世界においても妖怪をテーマとした作品は本格ミステリー作品並みの人気を博して来ました。

そんなエンタメ界における定期的な妖怪ブーム発生の流れの中で、近年俄然注目を浴びているものが妖怪ウォッチです。
老若男女がメインのキャラクター・ジバニャンを「カワイイ」という感性で捉え、今までの妖怪ブームとはまた異なる味わいをこの妖怪ウォッチは形成しました。

今回、そんな妖怪ウォッチのスマホゲームが存在することを知り、私はさっそくそれをダウンロードしてみました。元々、妖怪自体が大好きで、子供のころから妖怪関係の子供向け百科事典のような書籍をよく買い集めていた私にとって、このゲームとの出会いはまさしく僥倖でした。

仕事を終えて帰宅したのち、ソファにゴロンと寝転がりながら私はよくスマホを触るのですが、そんな時もついついこのゲームアプリをタップして開いてしまいます。
かつてのゲームにおける定番的な形態であったハード機によるプレイも私は好きなのですが、こうした形でのんびりと何気ない瞬間に楽しめるスマホゲームは本当に楽しいものだなと常々感じています。

殊に大好きな妖怪が取り上げられている妖怪ウォッチで遊ぶ時は、そんな楽しさもまたひとしおです。食事やお風呂の時間もついつい後回しにして没頭してしまい、気が付いたらもう就寝時間ということもしばしば起こります。つまりは、それだけ魅力的なゲームであるということの表れなのですが、交際している彼女にもこのゲームは好評で、デートの時まで登場する妖怪の話に花が咲くといった状態です。二人して仲良く同じゲームにハマっているわけですから、とにかく話も盛り上がるし、最高に幸せなんです。

現在の妖怪ブームを牽引するこの作品、今後もますます私たちカップルにとってのコミュニケーションツールとしても欠かせない、最高のゲームとして機能してくれるに違いありません。

妖怪ウォッチのスマホゲームについて

 ここ数年で小さい子どもたちを中心に大ヒットブームを巻き起こしたコンテンツ、それが「妖怪ウォッチ」です。妖怪ウォッチがらみの商品は軒並み品薄状態になり、子どもたちにとっては何としても手に入れたい物になりました。

 ニンテンドー3dsのゲームから火がついたこのコンテンツですが、キャラクターの魅力がとても独特です。ジバニャンはまだそうでもないですが、他の妖怪たちは結構ネガティブな名前になっていて、パッと名前を聞いただけではすぐに好きになるというわけではないです。しかし、そんなネガティブな中にも愛着を感じてしまうようなキャラクターデザイン、かわいらさが男の子女の子問わず受け入れられ、ここまでの大ヒットになりました。

 そして、そんなブームを巻き起こしたコンテンツが、今度はスマホゲームに登場です。妖怪ウォッチが好きな子どもたちはかなり低年齢ですから、スマホゲームとは縁遠い存在なのかもしれません。しかし、中学生から高校生にかけてもファンがそれなりにいるでしょうし、やはり人気のあるコンテンツですからリリースされれば注目されるのは当たり前です。

 どんなゲーム性なのかというと、どうやらパズル要素が強いようです。妖怪ぷにを消して攻撃するというバトルシステムになっており、今までの妖怪ウォッチとはかなりおもむきが異なっています。それがファンに対してどういう影響を与えているのかはイマイチわからないですが、それでも「とりあえず遊んでみよう」と考える子どもは多いでしょうから、これもまたヒットするかもしれません。

 すでにキャラのファンがいっぱいいるということで、固定のファンから根強い支持を受けているということは間違いないですし、制作側がどう売り込んでいくかによって、今後の利用者層も拡大していくことが十分見込めます。シンプルなゲーム性だけに空前の大ブームというわけにはさすがにいかないでしょうが、有名コンテンツの名に恥じないようなデキにあることは間違いなさそうです。

子供とのコミュニケーションの為に妖怪ウォッチをやりました

ある日なんとなくグーグルプレイのゲームのところを見ていたら妖怪ウォッチを発見しました。
名前は聞いた事があります。
うちの子供も、親戚の子供もハマっていたはずです。
ですが、私は一度も妖怪ウォッチというものを観た事がありませんでした。
なので、子供たちの会話に入れない事がしばしばありました。

これはこの妖怪ウォッチのゲームをやれば会話に入れるようになるのではと思い、さっそく該当ページを観に行ってみたのですが、まさかのパズルゲームでした。

パズルゲームは大の苦手です。
今まで数多くのパズルゲームをやってきましたが、まともに出来たのはファミコンの時代まで遡らなければありません。
おそらく一番有名であろうパズルゲームのテトリスです。
あれ以外パズルゲームは本当にまともに遊ぶ事は出来ていません。
ぷよぷよでパズルゲームをやる事を諦めたのですが、子供たちの会話に入る為にここはなんとしてもチャレンジしなければと早速ダウンロードしました。

まったく出来ませんでした。
いくらパズルゲームが苦手とはいえ、昔はもう少し出来たはずです。
年を取る事で判断力、反射神経が衰えたのでしょうか、それとも極度の苦手意識から上手く動かせないだけでしょうか、ビックリするぐらい下手糞でした。

所詮スマホのパズルゲーム、誰でも出来るに違いない、子供向けのアニメのゲームなので子供でも出来るくらい簡単に違いないと思っていたのですが甘かったようです。

通常プレイでもいっぱいいっぱいなのに、必殺技が何とかとか言われてもまったく使えません。
まさかここまで自分がパズルゲーム下手だったなんて・・・

ですが、そのゲームを子供に見せてみたところ大喜びでした。
まさかの父親株急上昇です。
私が前に使っていたWI-FIしか使えないスマホに妖怪ウォッチのゲームをダウンロードし直して子供に渡したところ、もの凄く喜んでくれました。

その後やり方を教えてもらったりと親子の交流は続きました。
ゲーム自体はまったく上手くなりませんでしたが、久しぶりに子供と楽しい時間が過ごせて大満足でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ